どっちを向いても何も無い






カランカラン…

何時もの席に座り、何時もの物を頼む。薄暗い其処はまるで俗世と懸離れた異空間の様だ。
俺はチビリチビリとグラスを傾け、そっと辺りを見渡す。

カウンタには男女が静かにグラスを傾けている。横目で其れを見ながら俺は再びグラスを傾けた。
テーブル席には男が四人、こいつ等は常連らしくヒソヒソと何やら話をしていた。
マスターはグラスを磨きながらBGMに耳を傾けていた。

一杯目を飲み終わる頃、ヤツがやって来た。
その男はヨレヨレのスーツ、ヨレヨレのネクタイでフラフラとカウンタの端、誰もが嫌がりそうな薄暗い席に座るのだ。
そして、グラスに一杯飲み終わるとマスターに向かって語りかけるのだ。
その話は何時も「之は誰にも話した事は無い。」と言う具合に始まる。俺達、そして、もしかしたらマスターも話を心待ちにしている。
男は俺の聞いている限り一度も同じ話をしていない。マスターに聞けば判ると思うが、恐らく一度も同じ話はしていないのだろう。
男が話し始めると店の雰囲気は更に、重く、苦しくなる気配を感じる。
慣れとは恐ろしいものだ…と、俺の話などもう聞きたく無いだろう。

さて、男の話を聞こうじゃないか…。



私は若かった。

貧乏旅行と言うのか冒険旅行と言うのか、色々な地域を歩いて旅をした事があるのです。

ある日、私は山を登っていました。登っている途中、偶然にも村を見つけたのです。X県の山の中にです。
村人を捕まえて村の名前を聞いてみると「S村」とだけ答えました。
知っていますか?マスター。


マスターはグラスを磨いていた手を止め首を横に振った。
其れを見ると男はこう続けた。


知らないでしょうな。この村はもう無い。……いや、若しかしたら始めから存在していなかったのかも知れません。

村の入り口には地蔵があり、毎日磨かれているのでしょうか泥は無く、おかしな所と言えば狐の面を被っていた所でしょうか。
私は不思議でなりませんでした、何故、狐の面を被った地蔵を祀っているのか。
若いとは何と素晴しい事だったのでしょう。道行く人々に何故面を付けているのか聞いて廻ったのです。
誰しも私の問いかけに答えてくれる人は居ませんでした…。
私は諦め切れず、村長の家にまで押しかけ問い迫ったのですが、満足行く回答は得られませんでした。


男は其処で言葉を切り、グラスをグイと喉を潤す様に飲むとフッとため息を小さく吐いて再び話し始めた。


村をグルッと一周して思ったのは、耳に何か付いて来る様な音が微かにする事だった。何時もサワサワと何かが聞こえていた。

日が傾き始めていたので吹き抜ける風が気持ち良かった。洋服を着ているものは居らず、まるで時が戻ったかの様だったのです。

宿屋を探し当て、一晩泊まりたいと言うと、今日は駄目だ、と追い返された。はてな、何か秘密の祭事でも在るのかしらと思ったが、取り合えず小腹が空いたので村を出て行くにしても腹ごしらえはしたかったのです。
宿屋の隣の飯屋に入り蕎麦を注文して待っていると、二人の男が話している声が聞こえたのです。
よく聴き取れませんでしたが、どうやら祭りが在るらしいのです。之を秘密にしたかったのかと私は思いました。
するとどうでしょう、村に居たいと言う気がムラムラと出てきたのです。

蕎麦を食べ終わり、一度村を出てやろうと村の入り口の狐面を被った地蔵の前まで行って見ました。
すると其処には、眼鏡をかけた男が狐面を弄繰り回して居るじゃ在りませんか。その上、その眼鏡の男は洋服なのです。

私は急いで眼鏡の男に声をかけました。
彼と私の目が合った刹那、男は私に駆け寄り肩を掴むと言いました。
「危ないですよ。早く此処を出た方が良い。」
そう言うと有無を言わせず私を村の外に押し出したのです。



男は新たにグラスに注がれた酒をグイッと飲み干し、少々席を外します。と言って出て行った。
男が居なくなるとカウンタの男女もテーブルの四人もいっせいに話に花を咲かせた。
俺も口には出さなかったが色々と考えた。

先ず一点、彼の言う事の真偽は兎も角、その村は稲荷信仰が厚いのだろう。地蔵にまで面を付けると言う事は稲荷を唯一信仰しているのだろう。
次に誰も口に出さなかったと言う事は隠れキリシタンの様に隠さなければならない神なのだろう。外に漏れるのを嫌っているのも頷ける。
祭…祭りとは何だろうか。色々な祭りが在る、豊穣祭り、地鎮祭、生贄を捧げる祭りも在る。
そう考えて行くと邪神崇拝では無いかと脳に過ぎる。
話の最後に出てきた眼鏡の男…。あいつは村の者では無いのだろう。もしそうでなかったら、もっと過激に村から追い出していたはずだ。
それにしても、稲荷を祀った所など何処にでも在るのに何故封鎖するのだろうか…。もしかしたら…。

其処まで考えた時、

カランカラン……

あの男が帰ってきた。席に着くとザワザワとしていた店内が静寂に包まれ優しくBGMが流れていた。



御待たせしました。

さて、私は村から追い出されてしまいましたがそれでもやはりその秘密の祭とやら見たくなりまして村に程近い木々の間より村を覗いておりました。
段々と日が傾き涼しくなり始めますとおかしな事に気が付きました。視界に入る村人の数が減っているのです。
夜になれば家々に入り夕食を取るのではないかと思われるかもしれません。しかし、その筈の家々には灯が点っていないのです。
つまり、村人が消えているのです。
陽が山の間に落ちる頃にはまるで廃村の様に静まり返っておりました。
やがて、完全なる夜がやって来ました。それでも、村人達は帰ってくる気配がありません。
意を決して村に入ってみるとやはり人の気配は全く無く、冷たい風だけが流れていました。
すると、私の耳に風に乗って何やら地響きの様なものが聞こえてきたのです。
私はあぁ、之は祭の太鼓の音だな。と聞こえてくる方向へ歩き始めました。
よく耳を澄ますと、山の奥から聞こえてきている様なのです。
一番よく聞こえる場所で山の奥に目を凝らすと仄かな灯が見えたのです。
木々に阻まれよく見えませんでしたが少し遠いと言うことは分かりました。


私は灯の方へ歩き出しました。荷物は邪魔になるので地蔵の裏辺りに埋めておきました。
真暗な山道を小さな灯を目指して歩くとは、かなり辛い事でした。恐怖と戦いながら歩いてゆくと一軒の家が見えてきたのです。
家の中からは男たちの話し声が漏れておりました。

其れは監視小屋…。祭の行く者を監視している様でした。
しかし、男達は振舞われた酒で酔っているのでしょう呂律が廻っていませんでした。
私は音を立てない様に素早くその建物の前を通り抜けました。
すると、また道無き道が続いており、少し歩くと次に現れたのは門の様でした。
幸いにも、戸も開いており楽に通り抜けられました。
しかし、門を通り抜けた瞬間、背筋に悪寒が走りました。
一体何なのか気になりましたが私は一心不乱に前へ進みました。
やがて、遠くに見えていた灯が大きくそして、はっきりと見えてきました。
木陰から中を覗きギョッとしました。人々は一様に狐の面を被っていたのです。太鼓を叩く者、屋台の店主、走り回る子供達…。
私は誰にも見られない様木を渡り、祭に入る機会を探しました。
すると、突然太鼓が止み、人々が走り廻り始めました。何事かと思い、耳を澄ますと人語では無い言葉が聞こえてきました。
前方に集中していると、後ろから肩を行き成り叩かれました。
吃驚して振り返ると、其処には眼鏡の男が居りました。
「来てしまったか、帰れと言ったのに…。まぁ来てしまったらしょうがない。之を…。」
そう言って取り出したのはあの狐面でした。
「面を被り油揚げを体に擦り付けるんだ。大した時間稼ぎにはならんが効果は期待できる。」
擦り付け終わると、男は私の手を引き祭の中心へと向かったのです。
「そろそろ行かないと出口が閉まってしまう。」そう言うと男は櫓の下に潜って行きました。櫓の下には階段が在り、私が何処へ通ずるのか、と聞くと出口への近道だ。とだけ言った。

階段を抜けると森の中に出た。森を歩いていると小雨が降ってきたのです。
すると男が慌てた様子で私の肩に手を置き「走ります。追っ手が来ているようです。」男が言い終らないうちに来た道にガヤガヤと話し声がしてきたのです。男の姿は当の昔に失ってしまいました。

走って走って、私は木の前に出ました。暗闇なのでよく分かりませんでしたが、白く大きな木だったと記憶しています。
木に沿って二本の道が続いていました。右か左か、迷っている暇はありませんでした。
私は手に持っていた油揚げを右の道へ投げ、左の道へ猛突進しました。ずんずんと下り坂を下りて…。
私には其処からの記憶がありません。気が付くと日は高く昇っており、岩場に寝転がっておりました。
傍らにはあの時眼鏡の男から貰った狐の面が二つに割れて転がっていました。

どうでした、之で終わりです。御代は此処に置いておきます。

では皆さん又何時か…。





  1. 2012/02/24(金) 17:34:00
  2. 失われた手記
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0

コメント

コメントをどうぞ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://easysky.blog44.fc2.com/tb.php/766-8b16b204
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad