どっちを向いても何も無い

占い師



黒く深い闇の中。ぽつぽつと灯る街灯。建物と建物の間。鉄道の架橋の下。私は一人其処に存在していた。
私の元には疎らに客が来る。何らかの悩みを抱いて・・・。
その悩みは時として、大きな欲望の渦を含んでいる。


その日は、全く商売にならなかった。
後から思えば、彼女の醸し出す空気が他の客を遠ざけていたとも言えるかもしれない。
その女性は突然現れ、自分は山本恭子だ。と名乗った。
そして、居なくなった自分の恋人を探して欲しい、と言った。
私は反論が出なかった。刺激すると何をするか判らない。そう思ったからだった。


山田恭子と名乗る女性は言った。彼はうさぎを追って消えた、と。
恭子は笑った。まるで不思議の国のアリスみたいな話だと。 だけど、それが真実だと。そして、泣き始めた。
彼を探して欲しい。彼は今、暗い所を彷徨っているんだ。早く探して欲しい。恭子は叫ぶ。
幸いにも周りの人間は私達を見てみぬ振りしていた。


占ってみると以外にも恭子の恋人は近くにいると出た。近くにいると伝えると、恭子は正確の場所は何処だ。と喚き始めた。
詳細に占ってみてもおぼろげで霧が立ち込めた様に見えなくなるのだった。
その旨を伝えてお引取り願おうか。私はそう思ったが、目の前に見えるこの般若の様な顔をした人間に果たして通用するだろうか?もしかしたら、私は*されてしまうかも・・・。


占いなおす事数十回・・・。見えた破片をパズルの様に組み合わせ、恭子にそれを伝えた。
恭子はそれを満足そうに受け取ると雑踏の中へ消えていった。
恭子の姿が完全に見えなくなると私は手早く店じまいをして家路についた。

帰路につきながら闇に怯えた。先ほどまでの空気がまだ纏わり付いている感じがしたのだ・・・。

玄関までたどり着くとほっと一息吐いてノブに手を伸ばした。

その時、「先生」と真横から声を掛けられたのだ。
慌てて振り向くと先ほど雑踏に消えていった恭子が立っていた。
「先ほどは有難う御座いました。漸く見つけられました・・・。」と言って、私に近づいてくる。
恭子の右手は闇の中へ伸びていた。彼女が右手を引くと、闇の中から大きな蟷螂が出てきたのです。
私は大声で叫び走りました。何処へでしょう。わかりません。
夢中で走っていると空から声が聞えました。「何で逃げるんです?」
わたしはその声に吃驚して躓いてしましました。
ばさばさと音がして目の前に何か大きなものが下りてきました。

目を凝らすと間違いなく恭子でした。しかし、先ほどあったとき連れていたあの大蟷螂が居ませんでした。
段々目が慣れ、それを見た刹那、私は悲鳴を挙げて気絶してしまいました。

恭子の大きな口にからは先ほどまでの仲良く手を繋いでいた大蟷螂が食み出していたのです・・・。

  1. 1999/11/30(火) 00:00:00
  2. 失われた手記
  3. トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://easysky.blog44.fc2.com/tb.php/183-06266c06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad